外壁塗装とは?業者選びから塗装の役割りとメンテナンス時期について解説!

外壁塗装とは?業者選びから塗装の役割りとメンテナンス時期について解説!

家を建てた後の外壁塗装のメンテナンスの時期はいつなのでしょうか。

外壁塗装の補修などを怠っていると、雨漏りの原因になったり家自体の強度が落ちてしまったりとダメージを受けてしまうことも…。

なので、外壁塗装は大切な家を長くキレイに保つために大切なことなのです。

業者選びから外壁塗装をする時期や外壁塗装の役割りについて解説していきたいと思います。

外壁塗装とは

建物の外壁を塗り替えることですが、見た目の美しさやデザインの為に塗装するのですがもちろんそれだけではなく、家を保護するための役割もあります。

外壁塗装することで防水効果を保ち家を守る役割をしてくるため、外壁塗装のメンテナンスは重要になります。

建物を保護する

外壁塗装する目的は防水効果のためでもあります。

雨にさらされているので外壁が劣化したり傷み始めます。水は木材や鉄筋を劣化させてしまうので、雨漏りなどを防ぐためでもあります。

雨漏りは屋根からのイメージがありますが、実際は外壁からの雨漏りが多いと言われています。

塗料の機能によっては断熱効果や遮熱効果もあるので家での生活が快適になります。

外壁塗装をすることで家の劣化を防ぐことができるのです。

建物の美観を保つ

外観で家の印象も大きく変わります。外壁を塗装することによって新築時のようなきれいな外観になります。

外壁が汚いと建物の印象も価値も下がってしまいます。

塗料する際に、今までとは違うデザインを塗料することができるので、イメージチェンジすることもできて、美しい家に蘇ります。

外壁塗装をする時期

外壁塗装をする時期

外壁塗装のメンテナンス時期は、家を建ててから10年とよく耳にすることはありませんか?

塗料には、塗装をしてから塗り替えまでの耐用年数がありますが、塗料の多くが約10年ほどであるからです。

・色褪せがある
・塗膜のひび割れ
・カビやコケがついている
・塗膜の膨れ、はがれ

などが発生している場合は、耐用年数を過ぎている目安になるので外壁塗装の塗り替え時期と言えます。

主に使われている塗料が、シリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料、ラジカル制御形塗料などで、使っている塗料で耐用年数が異なります。

使われている塗料や天候など住んでいる環境によって、外壁を塗装する時期は違ってきます。

約10年前後が外壁塗装をするタイミングと考えておくのがいいのではないでしょうか。

外壁塗装の業者選び

どのこ業者に依頼すればいいのか迷ってしまうものですよね。

外壁塗装を業者に頼む際のポイントを見ていきましょう。

・保証やアフターフォーロ―があるか
・複数の業者の見積もりを比較する
・施工実績をホームページなどに掲載している
・資格や許可をきちんと取得しているか
・外壁の点検を行ってくれる

これらを基準として業者をチェックしてみましょう!

複数の業者から見積もりを出してもらうことをおすすめします。

外壁塗装にかかる費用を比べることもできますし、アフターフォーロなどのサービスがあるのかなども比較することができます。

塗装後もアフターフォーローがあると何かしらミスがあったとしても保証してくれるので安心ですよね。

ホームページに載っている施工実績数も多いと経験実績も多いことが分かります。

自分が依頼する業者が悪徳業者なのかをきちんと見極めないと手抜き工事などでトラブルに発展しかねません。

まとめ

外壁塗装は、家を保護する・守るために重要な役割があるということが分かりました。

メンテナンスを怠ると、ひび割れや雨漏りなどの被害に合い、修理代やメンテンナンス代が高くついてしまいます。

そうならないためにも10年ごとに外壁塗装を行うと考えておけば、大きな出費もなくなり、大切な家を長持ちさせることができます。

外壁塗装の定期的なメンテナンスは家を守るためにとても重要な役割があるということですね。